いずれ戻るので売却ではなくマンションを貸したい、オーナーになりたい

マイホームを処分するか空室で維持するか

マンション 貸したい : リビングウィル(和光・朝霞・成増) 

マイホームを所有している人の中には海外への転勤や国内での異動などでマイホームを処分するかそれとも空室で維持するかの選択を迫られるケースがあるかと思われますが、自分の場合も異動によりマイホームをどのようにするのが一番良いのかの選択に迫られた事があります。
自分が所有している不動産はマンション物件で、購入してから約5年目になります。
まだ新しい物件になるので住宅ローンの返済も残っていますし、部屋の中はきれいに使っているため新築と同じくらいの価値を持っています。
売却するとなると住宅ローンすべてを返す事が出来る金額で売れるのか心配になったので、ネットを利用して不動産査定を依頼しました。
ネットの不動産査定は駅からの距離や築年数、間取りや設備、方角や専有面積など数値を利用した方法で、室内の状況や建物全体の状況などが加味してありません。
築年数が経過している物件でも、室内がリノベーションを行ってあるなどできれいになっているケースもあるため、ネットでの査定額はあくまでも参考金額との事でした。
現状を加味した場合には不動産会社の担当者に自宅まで出張して貰って査定を必要とするので、査定を依頼した会社の中から2社を選んで物件を見て貰って見積もりをお願いしたのです。

アパート、マンション経営、不動産売却、不動産管理などの不動産総合情報なら「貸したいサポート」にお任せ下さい。
30秒であなたの物件に合った不動産会社を一括で比較でき、多くのオーナー様にご満足いただいております。
#不動産  #賃貸

— 貸したいサポート東京版 (@kashitaisupport) 2018年1月15日

マイホームを処分するか空室で維持するかマンションのオーナーになる方法もあるすべてを一任してお願いが出来ました